プロフィール
コモンセンス
コモンセンスです。
奥新和歌の浦の情報をどんどん発信していきたいと思います!
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン



撤去中

投稿日時 2017年08月12日 08:36Comments(4)
足場が掛けられて
綺麗に成っていってます。




この記事へのコメント
波打ち際のホテルも珍しいです。経費、おそらく何億円かけて解体して跡地が売れたらいいですが 地主さんは辛いですね。
片男波の堤防から50メータほどの所にある無人の家を知人が持っています。解体しても土地は売れないだろうし、古い家をそのまま置いておくと台風などの時 近所迷惑だろうし ナンギやと 言うてました。
Posted by 伝兵衛伝兵衛 at 2017年08月14日 18:41
伝兵衛さん
話せば長いですが出来レースです。
5~6億の事業らしいですが
頑張ってることは確か!!
市の補助を受けるらしいので看過は
出来ません。でも心配でもあり・・・
楽しみでもあり。
お友達の別荘の診断しますよ~~
Posted by コモンセンスコモンセンス at 2017年08月14日 20:36
6億とは また えらいことや。
堤防から50メータの建物は以前、魚をさばく
作業所だったのですが 長い間 使われて
なくて 木造だから よれよれになっています。
診断していただけたら有り難いですが
津波で流される土地を買う人は なかろう
と地主は心配しています。
Posted by 伝兵衛伝兵衛 at 2017年08月15日 05:54
伝兵衛さん。「オーナーにメッセージ」で
個人メールで送信してください。
堤防より50m??どこらへんでしょう。
Posted by コモンセンスコモンセンス at 2017年08月15日 08:52


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。